KATSUYA TAKASU MEMORIAL FOUNDATION

高須克弥記念財団について About us

当財団の設立者である高須克弥は、「高須クリニック」を設立し医学博士として活動するなかで、世の中に貢献するためには、いかに生きるべきかを常に自分自身に問いかけてきました。それは、自分がこうしてあるのも、多くの力によって支えられ生かされているという想いがあるからです。そして、その想いに応えるひとつとして、これまでにも積極的な寄付活動等を行ってまいりました。
そして2011年、高須克弥の私財を基金として高須克弥記念財団を設立。少しでも多くの人々に幸せな気持ちを届けることを目的に、これまで以上に様々な社会貢献活動を行ってまいります。

更新情報 News 一覧

2022/07/25
「社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会」へ、未曽有のコロナ禍に加え物価高で困窮するひとり親家族に明るい笑顔と元気を届ける活動への支援として10万円を令和4年7月25日に寄付しました。
2022/03/09
高須克彌より、フリーメイソン京都ミカドロッジのウクライナ支援金に5万円を寄付致しました。
2022/01/26
高須克彌は、一般社団法人日本生活文化推進協議会 「ベストプロデュース賞主催の会」へ入会金 1年10口、38万円を協賛致しました。
2021/08/27
高須克彌は、昭和大学へ10万円を寄付致しました。
2020/09/07
一般財団法人高須克彌記念財団より「社会福祉法人愛知県母子寡婦福祉連合会」へ10万円を令和2年9月7日に寄付しました。
この寄付の内容は、ひとり親家庭の現状とひとり親家庭に明るい笑顔と元気を届ける活動に支援します。

社会貢献活動 Social contribution 一覧

東日本大震災への義援活動
パプアニューギニアに学校を贈る
阪神大震災、無償で負傷者の手当て
「高須院長が丸坊主になりました」スペシャルインタビュー
「高須院長が丸坊主になりました」スペシャルインタビュー
日本赤十字社 Japanese Red Cross Society
高須克弥記念財団は、東日本大震災の義援活動を継続的に行っています