• 人間記
  • 足跡
  • ブログ語録

ブログ語録

高須克弥が自身のブログで、医療のこと、介護のこと、世の中のことなど、様々なことに関して思いのままに書いた言葉の中から抜粋した「語録」です。高須克弥の考え方や物の見方が、感じられます。

この世の善行はあの世の積み立て預金だからね美容外科は純然たる自由診療だから 最新の知識を持った腕のよい、親切な医者が経済的にも恵まれる自由競争の自由経済の世界志し半ばで倒れた父を持った息子は、父のエネルギーを引き継ぐから大成できるぞ。ラッキーだと思え ※高須克弥が中学一年生の時に亡くなった父の葬式で、叔父に言われた言葉「医は仁術」を復活できたらどんなによかろう 金持ち相手の美容整形医の言葉は本気でも空虚に響くわかっとる僕の味方はいない医学は毎日進歩してるんだから希望を失わない限り常に明るい明日が期待できるのに 暗い予測を患者様に告げることで自己責任からのがれようとする 若い医者達のビジネスライクなドライさには怒りさえおぼえる 高須病院は入院透析患者様や悪性腫瘍の患者様にも希望を失わせないのがポリシーだ人間は愉快で楽しい状況を作ってやると免疫力や自然治癒力が高まるんじゃないかと思う目線を下げれば心が通うんだエラソーにしてたら反感持たれる 僕はもっともっと目線を下げて、阿保なかっちゃんじいさんになって みんなに愛されたい エラソーにしてたら注意してね誰が何様を信仰してもみんな尊重して仲間に入れてやれば 宗教戦争なんか起こりっこないじゃないか誰でも 若さと美しさを手に入れる権利があるんだ 更なる幸せを求めドーパミンを分泌させて何が悪い ※美容整形に依存してしまうビューティージャンキーと呼ばれる人が、アメリカで社会問題になってるらしいという話に際して。僕はみんなに嫌われているドラキュラくんが大好きなんだ 違う側から世界を見てごらん 正義はいくつもあるんだよ昔みたいに「先生の手に掛かるなら、死んでも本望です」って言う患者様と「おぅ任せとけ。 お前の体は俺が一番知っとるんだからな」という阿吽の呼吸が無くなっちゃったんだね 患者様と医者との信頼性が強固なら果敢な挑戦は、よいことだと僕は思う実は僕は白内障ではないが眼内レンズを入れている将来白内障になるリスクが誰でもあるんだから早めに入れときゃ絶対に白内障になることはない これが本当の予防医学アンチエイジングだ まず、僕から実験。医者の諸君、僕を非難してみたまえこれが夢で夢と思っているのが現実かもしれない 大震災も 母や妻との別れもすべてが悪夢だったらどんなによかろう外見が気に入ると気持ちがよくなり、心にゆとりができていい人になるんだ

ページTOPへ